今や常識?紫外線が体に及ぼすデメリット

夏といえば日焼け、日焼けといえば紫外線

夏になると日焼けして真っ黒や小麦色の焼いてる人をよく見ますよね?
健康的に見えますが、でも紫外線を浴びるということは全く健康的ではないんですよね。焼きたくなる気持ちも分かるんですけど、必要以上に焼いてると後で後悔するかもしれませんよ?なので既に一般的に紫外線は体にとってよくないと言われているんですが紫外線が体に及ぼすデメリットを紹介したいと思います。

PPW_okinawashiroisunahama-thumb-815xauto-13083

スポンサーリンク

シミやそばかすの原因になる

これはもう一般的常識ですが、紫外線を浴びつづけるとメラニン色素が増えるのでこのメラニン色素が肌に残ってしまうとシミやそばかすになってしまうのですが、普通は新陳代謝などでメラニン色素が肌に残らないようになってるものの紫外線の浴びすぎや肌の弱い人などは新陳代謝がうまくできずそのままメラニン色素が肌内にとどまってしまい、それが原因でシミやそばかすになってしまうのです。
因みに海などで真っ黒に焼けると皮膚の皮がぽろぽろむけたりしますよね?これも新陳代謝で黒くなった肌から元の色の肌にもどりますよね?これは新陳代謝によってメラニン色素が排出されているのですが、肌が弱い人などは、この時にメラニン色素を排出、出来ずに肌内に留めてしまい後々にシミやそばかすになって肌にあらわれてしまうのです。

そしてこの紫外線が原因で起こる様々なトラブルも

まず保湿機能を低下させ肌の潤いを奪うため肌が荒れやすくそのため肌の老化をはやめてしまうのです。
そして肌だけで髪へのトラブルも紫外線に影響で髪のキューティクルが破壊され髪はバサバサにそして肌はボロボロに
ホント紫外線はトラブルメーカーの何者でもありません
特に女性にわ紫外線は天敵ですね。
なので女性の方はしっかり紫外線対策されてる人が多いですよね!夏とか関係なく紫外線の強い日は日傘を差されている人とかよく見ますし、なので今更かもしれませんが、もし特に紫外線とか気にしてない方は少しでもいいので紫外線対策を心がけることをお勧めします。

そしてこの紫外線の1番恐い所
皮膚ガンなどの原因になってしまうこと

紫外線は、細胞の遺伝子を傷つけてしまうため
大量の紫外線を浴びてしまうと、その分多くの遺伝子が傷つき、
間違った修復(突然変異)がおこる可能性が高くなってしまうことにより 皮膚ガンの原因に!

ついでに免疫力も低下させるので、ガン細胞を排除する機能も弱り
感染症にまでかかりやすくなるという最悪なケース
こうなると女性だけでなく男性にも紫外線対策は心がけてほしいですね、最悪のケースになってからでは遅いのですから。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ