「ツバル」10年後海に沈む島!?原因は温暖化による海面上昇と地盤沈下!住民はどうするの?

皆さん「ツバル」という国をご存知ですか?

tubaru

このツバルは南太平洋に浮かぶ9つの珊瑚島を合わせてツバルという1つの国で島全体がほぼ海と同じ高さにある

一番海との高さが低い9つの珊瑚島の1つの首都フナフチは、なんと標高が海から約1mの所から高い場所でも約5mほどしかないんだそうですよ。

そして、その美しい珊瑚の海といった自然に囲まれ別名「天国に一番近い島」とも言われています。

しかし、このツバルは10年後海に沈む島とも言われているんです。

スポンサーリンク

島が10年後に沈む原因は温暖化による海面上昇

色々と理由は言われていますが1番は温暖化による影響が大きな理由と言われているようです。

年々深刻な温暖化についての問題ですが、このツバルは島全体が海と高さが同じにあるため、温暖化の影響をもろに受けてしまうんだそうです。

温暖化の影響で標高が高い場所の氷が溶け海面が上昇すると一番海からの高さが低い首都フナフチから沈んでいってしまいやがて「ツバル」全ての島が沈んでしまう。

そしてその温暖化の原因で10年以内にはツバルは海に沈んでしまうらしいとの事。

温暖化が止まればこの問題も無くなるかもしれないが、やはり温暖化が止まる事は難しい、それにもし温暖化が止まったとしても

地盤沈下の問題も

元々が珊瑚礁による基盤で出来ている島を、観光スポットとして埋め立てて設備を整え開発を進めたため原因による地盤沈下の問題

そして環境問題にも

観光スポットとして多くの人が訪れる事によりゴミの大量発生など…

これらの原因で珊瑚礁にダメージが!

大自然の奇跡のような島だけにとてもデリケートな部分が強い珊瑚の島を人口的に設備を加えたり、ゴミでの有機汚染などで、島全体が崩れやすくなっているそうです。

住んでる住民はどうするの?

やはり気になるのは住民ですよね?

「ツバル」が10年後には沈むとしたら、流石に住んでる場合じゃありません。

この島で一生を終えたい人もいるかもしれませんが、そういった人の気持ちはわからなくもなですけどね。

しかし行くアテはあるのか?

1番心配な所ですよね。

 

現在はニュージーランドに少しずつ移住させるプロジェクトが進んでるようです!

さすがに10年後に沈む島に住民を放っておくような、そんな事は現在の世界ではありえませんが

逆にいうとこのプロジェクトが進んでる時点で、ツバルが沈む島という事は逃れらないという証明でもありますが。

まとめ

この「ツバル」10年後には沈んでしまう島という事で色々と話題にもなりますが、こういった人口的ではなく、自然による奇跡が無くなると思うと凄く残念な気持ちになりますね。

この島がもし海に沈む島ではなかったのなら、世界遺産になっていたんじゃなかと思う。


追記

稲川 左近さんから標高を測定していただきました。

フナフティ(Funafuti)のフォンガレ島の住宅街の標高-2m~8m、最高標高8m

ナヌメア島(Nanumea)住宅街の標高9m~12m、最高標高15m

ナヌマンガ島(Nanumaga)住宅街の標高9m~14m、最高標高15m

ニウタオ島(Niutao)住宅街標高0m~4m、最高標高4m

ヌイ環礁(Nui)測定不能

ニウラキタ島(Niulakita)測定不能

ヌクフェタウ環礁(Nukufetau)住宅街の標高10m~14m、最高標高14m

ヌクラエラエ環礁(Nukulaelae)測定不能

ヴァイツプ島(Vaitupu)住宅街の標高2m~17m、最高標高22m

スポンサーリンク



2 Responses to “「ツバル」10年後海に沈む島!?原因は温暖化による海面上昇と地盤沈下!住民はどうするの?”

  1. 稲川左近 より:

    ツバルの標高を測定してみました。

    フナフティ(Funafuti)のフォンガレ島の住宅街の標高-2m~8m、最高標高8m 
    ナヌメア島(Nanumea)住宅街の標高9m~12m、最高標高15m
    ナヌマンガ島(Nanumaga)住宅街の標高9m~14m、最高標高15m
    ニウタオ島(Niutao)住宅街標高0m~4m、最高標高4m
    ヌイ環礁(Nui)測定不能
    ニウラキタ島(Niulakita)測定不能
    ヌクフェタウ環礁(Nukufetau)住宅街の標高10m~14m、最高標高14m
    ヌクラエラエ環礁(Nukulaelae)測定不能
    ヴァイツプ島(Vaitupu)住宅街の標高2m~17m、最高標高22m

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ