出張未経験者の新入社員が気になる出張手当の支給パターン!語源

新入社員の人たちのなかで、出張がある人、やそろそろ会社にも慣れたこれから出張がある人などもいるんじゃないでしょうか?
で出張について、まずは出張の語源は?

元々は「でばる(ではる)」という言葉で、仕事や戦いのために他所へ出向いて陣を張る事を指した。
「でばる」に「出張る」という字を当て、これを音読みしたのが「しゅっちょう」である。引用Wikipedia

これは調べてみて知ったのですが出張は「でばる」からきているんですね。
社会人の人も出張先という戦地で会社の利益を上げるために、頑張りますから、戦と一緒という所でしょうか。
僕は出張というと、まず出張手当を気にしてしまいますから(笑)
新入社員の皆さんも気になりませんか?出張手当について!
PAK75_dashsuru220140823111434_TP_V

ちなみにこの出張手当非課税にできるんですよ!
まるまる貰えるんですよ基本給と別でしかも税金かからず。出張が多い人など特に差がでますからね。

でも非課税にできるといっても個人的にではなく、会社が出張旅費規程を設定してたらなんですけど、
出張手当の支給に仕方は基本2つで

  1. 営業手当として基本給に上乗せされるパターン
  2. 出張手当として非課税でそのまま全額支給されるパターン

営業手当として支給される場合は税金の対象になるため税金をひかれます。
出張手当の場合は出張手当も費用として処理できるため非課税に、出張旅費規程を会社が設定している場合。

しかも会社も税額控除ができるた会社にも出張に行った社員にもメリットがあるわけですよ。
それに出張先は何かと物入りになりますし、非課税で手当を貰えるほうが、モチベーションも上がり結果につながるというウィンウィンな関係に(笑)

スポンサーリンク

一応、出張旅費規程の基準で

出張手当が高過ぎないこと、一部の社員ではなく、すべての社員に適応させること、実際に支給する時に出張旅費規程にきちんと基づいてること、きちんと出張旅費規程の額を定めて運用すること。

これらが税務署の調査をクリアする基準になるそうなのですが、
これらは社員の人にはわかりませんもんね。それにきちんとした会社ならちゃんと定めてますよ。

なので新入社員の人でこれから出張がありそうな人、出張が多い会社の人は自分の会社がどうなのか調べてみるか上司に聞いてみるといいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ