岸本斉史ではなく池本幹雄が作画で残念と話題!ナルトの息子ボルトが主人公で春から新連載!

アニメ化もして大人気で完結の岸本斉史先生の代表作漫画「NARUTO-ナルト-」

新たに2016年春から「週刊少年ジャンプ」(集英社)でスタートする事は決定!

今回はナルトの息子のボルトが主人公の作品で「BORUTO-ボルト-」のようです。

ボルト
出典:http://natalie.mu/comic/news/169878

ナルトファンは大喜びのはずが…

なんか微妙ーに絵が違う!

作者・岸本斉史、脚本は小説家の小太刀右京、マンガは池本幹雄が担当。

そう今回は作画を岸本斉史ではなく池本幹雄が担当するんです!

池本幹雄は岸本斉史のアシスタントととして主に活動している漫画家さん。

スポンサーリンク

池本幹雄が作画を担当する事にTwitterでは

と残念な様子!

やはり、岸本斉史先生の作画でこそのナルトのようですが、なんだかんだいって結局のところは読むという意見でした。

別に池本幹雄が嫌いとかではなく、岸本斉史先生の書く「BORUTO-ボルト-」が見たいという事です。

この連載は月1ペースの模様

そしてこの連載とは別に岸本斉史先生の手掛ける「BORUTO-ボルト-」も番外編読み切りで2016年春に掲載されるとの事で

番外編読み切りの作品に期待が高まっているみたい!

大人気だったナルトの続編「BORUTO-ボルト-」の作画を担当する池本幹雄

プレッシャーが半端ないでしょうね。

叩かれるのか、認められるのか…

新連載でファンの評価がどうなるのか大注目ですね!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ