のぶみは元ヤンで総長だった!絵本作家になるきっかけは嫁とのエピソード!

現在では有名な絵本作家「のぶみ」

「ぼく仮面ライダーになる!」シリーズ

『しんかんくん』シリーズ

などが有名ですが

そんな彼の絵本作品は160冊以上。

そして現在は子供や母親に絶大の支持を受ているのですが…

実はびっくり元ヤンなんですよ!

そんな元ヤンだった「のぶみ」が何故?絵本作家になったのか

それには現在の嫁の存在が大きかったようです。

今回、元ヤンから絵本作家になるきっかけとなった嫁とのエピソードを紹介したいと思います。

のぶみプロフィール

nobumi

本名:斉藤のぶみ

生年月日:1978年4月4日

出身地:東京都

職業:絵本作家

スポンサーリンク

ヤンキーだった過去について

まずきっかけとなったのは小学生時代のいじめ!

じつは小学生時代にいじめられていたそうで、いじめによる自殺未遂までしたとか!

結果的には負けないように強くなりたいと誓ったようですが…

その結果いじめられないように、強くなったのはいいが

ヤンキーに!

しかも、ただのヤンキーではとどまらず

暴走族の総長にまでなってしまったそうです。

池袋連合という160人の総長にまでなった「のぶみ」

のぶみヤンキー

やば!いじめられっ子から総長にまでなんとも極端ですが

この極端な所が絵本作家への1歩なんですが。

そんな「のぶみ」ですが高校もなんとか卒業したようで

その後に保育専門学校へ進む。

専門学校に行くとは少し以外ですね

しかし理由は「女の子が多いから」という納得な理由。

この専門学校で現在の嫁と出会い絵本作家になるきっかけに!

絵本作家になるきっかけのエピソード

専門学校で現在の嫁と知り合っい惚れてしまった「のぶみ」

絵本が好きな彼女の気を引くために

「絵本描いてるよ」とウソをついたそうです!

ウソをついたわけですが、まさかのその日に本当に絵本を書いたそうなんです。

言葉だけで終わらせない所が凄いです!

次の日にその絵本を見せた所

「おもしろい」と褒められた事がきっかけで

「僕はそれまでの人生、まわりの人からダメだダメだと言われることばかりだったから、初めての絵本を褒められて、これしかない、これこそ僕の使命だ!」

と思ったそうで、それから絵本の道に進む事を決め現在に至るそうですよ。

その後告白した「のぶみ」への返事は

「絵本で賞をとったら付き合っていいよ」

だったそうで、見事賞をとって付き合ったのでしょうね。

そして賞をとった事が自信になり、絵本作家になれると思ったそうですが…

全然上手くいかない

6000冊の絵本をわずか1ヶ月で読んでしかも自分で300冊描きやっとの思いで絵本作家としてデビューしたそうです。

そして絵本作家になるきっかけとなった現在の妻と結婚。

しかしまた現実は上手くいかず絵本作家としてデビューはしたものの

売れたの1冊目だけだったそうで、やっと売れた2冊目はなんと70冊目!

期間は7年だか8年だかだそうです。

しかも

1冊目に売れた絵本は嫁のために書いた絵本で2冊目は子供のためにかいた絵本だそうで

この2冊は感情が凄くこもっていたのでしょうね。

現在は2人の子供がいるそうで息子かんたろうくんと娘アンちゃん

そして絵本も2人の子供達が気に入るかどうかで判断しているそうですよ。

ママがおばけになっちゃった! [ のぶみ ]

価格:1,296円
(2016/1/15 06:25時点)
感想(142件)

おわりに

いじめられっ子から暴走族の総長

惚れた女性の気を引くために始めた絵本をきっかけに絵本作家

しかもその女性と結婚まで

そして売れない絵本作家から売れっ子絵本作家

こうしてみると凄い努力家ですね。

努力が実るまで努力する姿勢が凄すぎますね。

きっと絵本作家のきっかけとなった嫁との出会いが「のぶみ」を変えたのでしょうね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ