「絵本作家」亡くなった井上洋介さんの「くまの子ウーフ」の内容や作品が気になる!

絵本作家の井上洋介さん(84)が3日に胃がんで亡くなったそうです!

井上洋介さんといえば、数々の絵本を世に送り出してきた絵本作家さんですが、

講談社出版文化賞絵本賞や日本絵本賞大賞など受賞していて

中でも、1番の代表作品はつりズボン姿のクマ「くまの子ウーフ」

90万部を超える大ヒット!だったそうです。

これだ売れていれば、知って人も多いと思いますが、

「くまの子ウーフ」について調べてみました。

スポンサーリンク

くまの子ウーフについて

くまの子ウーフ改訂新版 [ 神沢利子 ]

「くまの子ウーフ」は、1969年(昭和44年)にポプラ社より刊行された

ウーフの色々な疑問をテーマにした童話を収めた童話集

作者は神沢利子さんで作画を担当しているのが井上洋介さん

 

くまの子ウーフは全9編の短編で構成されているようで、

全9編の題名は

  1. さかなには なぜしたがない
  2. ウーフは おしっこでできてるか??
  3. いざというときって どんなとき?
  4. きつつきのみつけた たから
  5. ちょうちょだけに なぜなくの
  6. たからがふえると いそがしい
  7. おっことさないもの なんだ?
  8. ???
  9. くま一ぴきぶんは ねずみ百ぴきぶんか

 

そして、

『こんにちはウーフ』(以前は、続くまの子ウーフだったが改名したそうです)

『ウーフとツネタとミミちゃんと』と合わせて、全3巻で「くまの子ウーフの童話集」となっているようです。

 

くまの子ウーフの童話集(全3巻)

「くまの子ウーフ」の内容も特徴的

この作品は、見た目や名前などから、「くまのぷーさん」みたいな内容かな?

と思ったのですが…

実際は読んだ後に、いのちの価値などを考えさせられる

道徳的な内容みたいで、哲学的なテーマのようです!

その内容は素晴らしく、小学校の国語の教科書にも載るなど

大人から子供まで支持される程。

2000年にはNHKの「あつまれ!わんパーク」でもアニメ化もされたようで

日本を代表する作品1つと言えると思います。

そんな素晴らしいウーフを手掛けた井上洋介さん

他の作品も気になったので調べてみました。

井上洋介さんの作品

絵本(オリジナル作品)

『ぎゅうぎゅうどうぶつえん』、芸術新聞社、2010年
『どっからたべよう』(わくわくたべものおはなしえほん)、農山漁村文化協会、2009年
『アナボコえほん』、フレーベル館、2008年
『ぐるぐるえほん』、フレーベル館、2008年
『ちょうつがいのえほん』、フレーベル館、2008年
『ゆめゆめえほん』(学習おはなし絵本)、学習研究社、2008年
『ビックリえほん』、ブッキング、2008年
『あじのひらき』(福音館の幼児絵本シリーズ)、福音館書店、2006年
『ブクブクブー』(教育画劇みんなのえほん)、教育画劇、2005年
『とぶひ』(学習おはなし絵本)、学習研究社、2004年
『ぐるりかぜ』、文溪堂、2004年
『おおガラス』、ビリケン出版、2004年
『でんしゃえほん』、ビリケン出版、2004年
『たわし(おひさまのほん)』、小学館、2001年
引用:wiki

 

挿絵を担当した作品

『ながぐつをはいた猫』、ペロー(著)、三木卓(訳)、ブッキング、2009年
『かちかちやま』 (日本名作おはなし絵本) 、千葉 幹夫(文)、小学館、2009年
『ちかちゃんのはじめてだらけ』(シリーズ本のチカラ)、日本標準、2007年
『ギャバンじいさん』、舟崎克彦(文)、パロル舎、2006年
『たべる』、谷川俊太郎(文)、アートン、2006年
『鬼の首引き』(日本傑作絵本シリーズ)、岩城 範枝(文)、福音館書店、2006年
『ゆきこんこん物語』、さねとうあきら(著)、理論社、2006年
『ものぐさ太郎』 (日本の物語絵本)、肥田 美代子 (文) 、ポプラ社、2005年
『えびすさんと6人のなかまたち』 (七福神ものがたり 1) 、中川 ひろたか(文)、佼成出版社、2004年
『宇曽保物語動物寓話集』、舟崎克彦(文)、風涛社、2004年
『おはなしめいろせかいのたび ヘンゼルとグレーテル』、杉山亮(文)、フレーベル館、2003年
『したきりすずめ』、岩崎京子(文)、にっけん教育出版社、2003年
『かあちゃんのせんたくキック』、平田昌広(文)、文化出版局、2003年
『ぼくらなかよしどろんこマン-だだっこライオン』、飯島敏子(文)、ひかりのくに、2003年
『くまの子ウーフ』(くまの子ウーフの童話集)、神沢 利子(文)、ポプラ社、2001年
引用:wiki

 

数々の素晴らしい作品を世に送り出した、井上洋介さん

きっと天国にいっても絵本を書き続けるのかもしれませんね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ