錦戸親方が結婚した小野友葵子さんが美人と話題!ソプラノ歌手のプロフィールや経歴は?!

錦戸親方(元関脇水戸泉)(53)が12日に結婚をブログで発表したそうです。

お相手は22歳年下でソプラノ歌手の小野友葵子さん(31)

このたびソプラノ歌手の小野友葵子さんと、
入籍しました。

歌の世界で一生懸命頑張ってる姿に感銘し、
一緒に生きていこうと決めました。

彼女には夢を諦めないで、
女将業と歌手業を両立してもらい、
これから二人で力を合わせ頑張っていきます!
引用:水戸泉メモリー

とコメントしていました。

そして、お嫁さんである小野友葵子さんが美人と話題になっているようなので

プロフィールや経歴などを調べてみました。

スポンサーリンク

小野友葵子プロフィール

o029703271296576606813

名前:小野友葵子(おのゆきこ)
生年月日:1984年3月18日(31)
出身地:北海道中標津町
出身校:昭和音楽大学声楽科
職業:ソプラノ歌手・ボイストレーナー
所属:株式会社アルテ・エスペランサ

いや~かなりの美人さんですね!

こんなきれいな奥さんを貰ってうらやましいです。

この事で錦戸親方には

なんか美人さん捕まえたな感が凄いという反応が多いようですよ。

そんな小野友葵子さんも自身のブログで結婚について語っていました

しかもペアリングとツーショット付きで

t02200134_0800048813564373319

t02200181_0788065013564373320

 

小野友葵子さんのブログ

小野友葵子の経歴

北海道出身。4歳でエレクトーン、6歳よりピアノを始め、音大ピアノ科を目指していたが
高校のときに歌に魅了され、進路を変更し、本格的に声楽を始める。
昭和音楽大学声楽科を特待生で入学、同大学研究科を卒業後、現在に至るまで、リサイタルをはじめ、各種コンサートに出演、その傍ら、クラシック、ポップスのボイストレーナーを行なっている。
自身の表現の多様性を創ると同時に、「身近なオペラ」を提唱し、多くに伝えるために、2010年より定期的にサロンLiveを行ない、オペラアリア、日本歌曲をはじめ、多くの歌曲など、クラシック・レパートリーをはじめ、ジャンルを超えた作品を歌う、このコンサートはつねに好評を博している。

どこまでも透明でありながら、力強さのある声は、まるで水晶を思わせる。さらに情感豊かな表現と品のあるステージは好感度が高い。

オリジナルジュエリーブランド《VITA ROSEA》を持ち、メルマガ<友葵子のポジティブライフ>を開くなど
歌以外でも様々な展開をしている。
2011年12月より釧路新聞「巷論」にコラムを掲載し、2013年6月よりインターネットサイトのインタビュー番組ではMCアシスタントを務めるなど、その活動は多岐に亘る。

また東日本大震災にて、《被災地にお花と笑顔を!》プロジェクトを独自に展開中。
これまでに福島、岩手などの学校・施設に足を運び、花を植えたりコンサートを行うなどして、子どもたちと交流を図っている。
引用:http://www.arte-esperanza.co.jp/OnoYukiko.html

 

音楽一筋の人生のようですね。

そてと、小野友葵子さんのソプラノ歌手として歌声も気になります

一体どのような歌声か動画があったので載せておきます。

さすがソプラノ歌手!凄く綺麗な歌声です。

錦戸親方とのきっかけや交際期間については調べてみましたが

情報がありませんでした。

それと錦戸親方といえば、過去に婚約破棄された事が有名ですが

色々あった人だけに

今回こんな美人なお嫁さんをもらえてホントに良かったと思いました。

ツーショットの顔が幸せそうですね。

それと、小野友葵子さんは今後ソプラノ歌手とおかみさんの両立していくそうです。

大変と思いますが、夫婦で力を合わせて頑張ってほしいです

そして、早く部屋から関取が出ることで金星を得て弟子がもっと増える事を期待したいと思います。

ご結婚おめでとうございます。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ