実は海外のファンを狙った攻殻機動隊浮世絵?全世界同時販売のワケ

あの攻殻機動隊の草薙素子が浮世絵になって登場

image
(c)1995士郞正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT

やばい!かっこいい!攻殻機動隊ファンとしては凄くほしい。そしてこの浮世絵なんと限定300枚!そしてこの浮世絵凄く手がこんでるのです。

以下引用

「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」
オリジナルイラストクリエイター
沖浦啓之氏の毛筆署名も版画化!!!
(現ビジュアルの署名版画は制作中のため、仮当てです)
*江戸時代から続く伝統的技法による浮世絵制作
伝統工芸師による手彫り/摺り
人間国宝「岩野市兵衛」手漉き和紙使用
*全世界同時発売

「限定300枚」
*第二弾は「攻殻機動隊 新劇場版」浮世絵
総監督 黄瀬和哉氏描き下ろし!!!

ちなみに値段は1枚あたり4万3200円(税込み、送料別途)ただいまオンラインショップ「OtakuWorksショップ」
で予約開始しています。

 

この値段が高いか低いか個人的な価値観になりると思いますが。

いったいどんな人が買うのでしょうね?

ここでどんな人が買うか予想を

やはりファンと思いますが、ただのファンじゃないと思うんです。

スポンサーリンク

実は海外のファンを狙ってるんじゃないかなと

全世界で同時販売そのワケと海外のファンを狙ってる理由を個人的に!

攻殻機動隊は海外からの人気も多いですからね。ハリウッドの話しもありますし、当然といえば、当然ですけど。もしかしたら、この浮世絵、海外のファンを狙って企画されたんじゃないでしょうかね?

よく海外の人達は日本の工芸品や文化、アニメ、食など、興味持たれる方多いですし、自分の気にいった事に対するコレクションの意識が強いですよね。

その背景から

  1. 日本文化ともいえる、アニメと浮世絵のコラボ
  2. 攻殻機動隊のハリウッド化
  3. 海外のファンも多い
  4. 全世界での同時販売

海外のファンからすれば好きなアニメと日本文化の浮世絵を同時に味わえるのですから、しかもネットで日本に直接来ることなく販売と同時に買えますし、旅費を考えると、この値段は安いのかもしれませんね。

以上を踏まえるとやはり海外のファンを狙って強く意識した企画といえるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ