ロンハー狩野英孝(50TA)の新曲がセカオワのドラゲナイと川本真琴の桜のパクリと話題に!

8日に放送された、ロンハー「金曜★ロンドンハーツ&アメトーーーーク!姉妹番組4時間スペシャル!!」で、

狩野英孝がアーティストとして活動する50TAのドッキリ企画。

台湾で観客700人のドッキリライブですが、今回の台湾での50TAドッキリライブ、

視聴者からはかなりの大絶賛だったようで、特に新曲の「over the rainbow」は放送後に凄く話題になってました。

という事で狩野英孝(50TA)の新曲「over the rainbow」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

50TAについて

元々は2009年にロンハーの企画から誕生した、狩野英孝のアーティスト名で

名前の由来について狩野英孝は、

50は「GO」Tは「TOP」の頭文字、Aは「ARTIST」の頭文字からとって、ゴー トップ アーティストで

50TAと説明されていたようですが、実際は当時テレビ朝日が50周年だったので

50は「50周年」、Tは「テレビ」、Aは「朝日」の意味から50TAと名付けられたそうです。

2009年には幕張メッセに約8000人を集めてのライブや、2010年2月10日にアルバム「50TA」をリリースなど、企画は意外にも好評でした。

こうして誕生した狩野英孝の50TAですが、

ロンハーで、今回の台湾で観客700人のドッキリライブでは新曲「Over the rainbow」と「ファイティングポーズ」の2曲も!

新曲のover the rainbowがパクリで話題に!

台湾でのドッキリライブで披露した新曲「over the rainbow」の動画

これすぐに気づくと思うのですが、衣装がセカオワのドラゲナイにそっくり!

服装も、トランシーバーのマイクまで!

まんまパクリですね。

しかも今回のロンハー出演の中には、セカオワ深瀬と交際中の益若つばさもいるのに(笑)

益若つばさが、どういう気持ちだったのか気になりますね。

これらの事もあり、凄く話題になっていたのですが、歌詞やメロディーはドラゲナイのパクリではなく、

衣装がセカオワドラゲナイのパクリでした。

しかし、サビの部分が何か聞き覚えのある歌だと思っていた所、

なんと!

狩野英孝が以前交際した世間を騒がせた、川本真琴の桜という歌にそっくり!

しかもそう思った人も多かったみたいで、

■衣装とトランシーバーのマイクはセカオワ深瀬のドラゲナイのパクリ。

■歌は元彼女の川本真琴の桜をパクリ。

■出演者には衣装をパクった深瀬の交際相手、益若つばさ。

という凄い事に(笑)

これらの事で想像以上の話題になったようです。

セカオワのドラゲナイと川本真琴の桜についての反応

このパクリについてツイッターでは

 

パクった事に大絶賛というか、視聴者大爆笑ですね。

これには流石に笑いましたし、流石ロンハーと思ってしまいました。

そして、絶対ロンハーのスタッフ側が色んな意味で狙ったと思っているのですけどね!

個人的には、ある意味、視聴者に対してのドッキリ企画だったと思います。

今回ロンハーの狩野英孝(50TA)ドッキリは凄くよかったです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ