高田純次のような上司が理想!名言から学ぶ新入社員の教育方法と部下育成

4月という事で新入社員も入ってくるこの時期ですが、

理想の上司として、そして仕事のできる一人前の部下を育てるために悪戦苦闘している人も多いのではないでしょうか?

そしてこの理想の上司像として、ネットではあのタレントの高田純次が挙げられているようです。

高田純次さんといえば、ユーモア溢れるギャグや名言、そして少し下ネタ混じりのトークで同じみですが、この少し緩い感じが支持されているようで、理想の上司として挙げられています。

新人教育、そして仕事のできる部下の育成や憧れになるために悩んでいる人は、少し参考にしてみるのもいいかもしれないですね!

スポンサーリンク

高田純次の名言について

生年月日:1947年1月21日(69歳)
星座:みずがめ座
出身:地東京
性別:男
血液型:O型
身長:175cm
体重:71kg

数々の名言がある高田純次

「パリは寒い時に行くとイイよ。行ったことないけど。」

「オレはパソコンは苦手だけどボディコンは得意だよ」

「君、松嶋菜々子にクリソツって言われない?え、言われた事ないの!それじゃあ似てないんだよね。」

「キミ、はっきりした顔してるねぇ~。どこが目で どこが鼻かすぐ分かるね~」

「オレは『ストレス』っていう言葉をさっき初めて聞いたよ」

「世の中、分からないことが多いけど、街中を裸で歩いてはいけないということだけは分かってるんだ」

「挙動不審の変態は捕まるけど オレみたいに堂々とした変態は捕まらないね」

 

こういったユーモア溢れるセンスが人気なのですが、こういう考えの発想が上司として理想的なようで、部下からすると、

わからない事などを直ぐ聞きやすい環境の雰囲気という事のようで、のびのび仕事ができ、仕事を覚えるのも早くなる。

結果、仕事のできる部下に!

1番の理由は上司にたいしてコミュニケーションがとれやすく、素直になれるという事と思いますけどね。

一方で近寄り難く話づらい上司の場合は、わからない事も聞きづらく、最悪聞けない雰囲気だったり、それが原因でミスしたり、怒られたりと…

そして、コミュニケーションもむしろとりたくない!と思ってしまうため、仕事にたいして嫌だな~と思うようになりますよね?

結果、会社を辞めてしまったりしてしまうケースもあるのではないでしょうか?

仕事のなので、そういった事も含め自分で努力して、なんとかするのが当たり前と思うかもしれないですが、

現在はそういった考えは少し古いかもしれませんね。

新入社員の教育や仕事のできる部下に育てるのは、上司次第というのもあながち間違いではないかもしれないですよ。

 

と高田純次のような上司と働きたいと思う人が大勢いるようです!

名言から学ぶ教育方法

高田純次の名言には、部下の心を掴むというか、よしっ頑張ろうと思わせる名言が沢山あります。

「1番、2番を目指すんじゃなくて、4番、5番を目指す」

「失敗があって普通。苦労して当たり前」

「苦手な人は受け流しちゃうな。だから、ストレスはゼロ」

「僕だって、なぜ自分がちょいと成功しちゃったのかなんて、わからない。人並み以上の努力をしたかといえば、そんなことはまったくない。ただひとつ、他人よりも少しだけ「楽しく生きよう」と思っていたかもしれません」

「何もかも上手くいかないと気が済まない完璧主義者は、それがいいことだと思っているフシがあるけれど、それで周りが迷惑することもあるんじゃないかな。」

「オレの話は 話半分で聞いてくれればいいんだけど 半分は多いから5分の1ぐらいでいいんだ」

 

これらの名言を参考にコミュニケーションとっていけば、部下と上司のいい関係が築け、

仕事のできる部下を育てるきっかけに!

それに、新入社員の教育や部下のミスなどで、叱る事も多いと思います。

その後のフォロー時にもこの名言は役立つのではないでしょうか?

しかし、いくらユーモア溢れるギャグや名言、そして少し下ネタ混じりのトークができていても仕事が出来ないと意味がないので、仕事ができる前提ですけど…

高田純次のような上司を心がけるのも、新入社員の教育やできる部下の育成に役立つかもしれませんね。

今現在で悩んでいる上司の方は、少し意識してみたらいかがでしょうか?

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ