角野友基が大麻疑惑のスノーボード男子選手?ソチ五輪出場の強化指定選手で特定か

2014年ソチ五輪スノーボード日本代表の選手が昨年12月のアメリカ、コロラド州の遠征の際の合宿で大麻を使用していたことが判明したと報道されて、現在大変な事になっています。

使用したのは、2名の選手で未成年だそうです。

未成年という事で名前は発表されていないのですが、一体誰なのでしょうか?

調べてみると、ネットでは疑惑の選手が特定されているようです。

スポンサーリンク

角野友基に大麻疑惑の理由

今回の報道で疑惑の選手は

2014年ソチ五輪日本代表選手。

全日本スキー連盟の強化指定選手。

未成年。

この3つの条件にあてはまる選手が今回の該当者という事に!

そして、この条件にあてはまる選手が

■角野友基選手(19歳)ソチ五輪出場、強化指定選手

■稲村奎汰選手(19歳)(強化指定選手)

■平野歩夢選手(17歳)(ソチ五輪出場)

という3名に!

そしてソチ五輪出場、強化指定選手という事角野友基が大麻疑惑の可能性が高いとして話題になっていますが、

この条件からして角野友基は、ほぼ間違いかもしれないですね。

もう一人は平野歩夢か稲村奎汰

そして報道では2名の選手という事でしたので、気になるもう1人は稲村奎汰か平野歩夢という事に…

どちらの名前もネットでは出ていましたが、

全日本スキー連盟の強化指定選手という線が強いようで、平野歩夢は強化指定選手ではないため、

もう1人の選手は稲村奎汰の可能性が高いという事のようです!

という事で現在は角野友基と稲村奎汰の2名がネットでは最有力です。

今回の問題について

大麻使用の問題についてですが、

コロラド州では、2014年1月に大麻完全合法化されています。

(18歳以上で医療用大麻のライセンスを所持することができ、娯楽用大麻の使用は21歳以上で合法)

しかし、日本と同じく禁止の国も沢山ありますし、他の選手に悪い影響を与えかねませんし問題になるのも当然と思いました。

今回の件は、どういう処罰になるのか気になりますが、やはりしばらくの間、出場停止処分などでしょうか?

スノーボード男子選手2名への処分について

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ