水谷優子のミニーや「ちびまる子・お姉ちゃん」の後任は誰?旦那との間に子供は?

声優の水谷優子さん(51歳)が乳がんのため亡くなったと公式サイトで発表されていてびっくりしました!

水谷優子さんといえば、ベテラン俳優さんとして数々作品に出演していましたし、

現在も活躍されていただけに、まさかの出来事にショックです。

水谷優子さんが担当していた声は、今後どうなるのか?

代役は誰なのかなどや、旦那や子供についても気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

水谷優子のプロフィールと旦那について

名前:水谷優子(みずたにゆうこ)
本名:西久保優子(にしくぼゆうこ)
生年月日:1964年11月4日(51歳)
出身:愛知県
所属:青二プロダクション

機動戦士Ζガンダムの飛行場アナウンサー役で、初の声優デビュー。

水谷優子さんが声を担当した作品や役について

結婚もされていたようで、旦那さんはアニメ監督の西久保瑞穂(にしくぼみずほ)さんで、15歳年上の63歳。

早稲田大学出身で、在学中に「タツノコプロ」に入社。

1979年に退社した後「Production I.G」を設立して活動。

有名な監督作品は「みゆき」、「電影少女」、「軽井沢シンドローム」

他にも携わった有名作品に「ガッチャマン」、「ベルサイユのばら」「あしたのジョー」「うる星やつら」などがあり、

2014年には、アヌシー国際アニメーション映画祭において「ジョバンニの島」で審査員特別賞を受賞など、有名な監督さんのようです。

そんな2人の子供についてですが、

子供がいるという情報はないようで、水谷さんに子供はいないという事みたいです。

数々の作品で声の担当をしていた水谷優子さん、

個人的には、主役よりも脇役としての声を担当する事が多い記憶がありますが、その個性的な声はアニメファンからしたらなくてならい存在だったと思います。

水谷優子の後任は誰?

水谷優子さんといえば、アニメ、「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃん(さくらさきこ)の声優を、

1990年1月の第1回放送から現在まで声を担当しています。

22日と29日の放送までは、亡くなる前に収録しているようですが、気になるのが後任の声優さん。

後任の声優さんついては、後日発表するそうですが、

いったい誰になるのでしょうか?

やはり最初は後任が誰であろうと違和感を感じるのでしょうね、

おじいちゃんのともぞうの時のように!

それと、東京ディズニーランドやシーミニーの声についても担当されていて、

エレクトリカルパレードや音声アナウンスで水谷優子さんの声がいつも流れてましたが、

こちらの後任も気になりますね。

いづれ発表があるとは思いますが。

亡くなった水谷優子さんについて

ちびまる子ちゃんの作者 さくらももこ先生もコメントされていました。

ちびまる子ちゃんのお姉ちゃん役の水谷さんが亡くなってしまい、悲しみに包まれています。

水谷さんはキレイで明るい素敵な女性でした。
いつもニコニコしていて、面白いことが大好きそうでした。

もっとお会いする機会があると思っていたのに、本当に残念です(泣)
長い間お姉ちゃんを演って下さって、ありがとうございました。

水谷さんのお姉ちゃん、忘れません。

 

ネットでの反応

 

51歳という若さで亡くなった水谷優子さん、

やはり、これからのアニメでこの声が聞けないと思うと凄くさみしいですし、

それだけに、声優としてアニメ界に影響のある人だった痛感しました。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ