吉田沙保里 自腹でリオへ!金額はいくらで理由は?取材費のギャラ3万円も気になる

リオオリンピック(リオ五輪)で、4大会連続金メダルを狙う女子レスリング53キロ級の吉田沙保里選手。

数々の記録を更新して、今や女子レスリング界で最強といわれる彼女、

アテネ、北京、ロンドンと続いてリオでも金メダルの期待が高まってますね~。

そんな吉田沙保里選手、現地に向かう為10日に成田空港を出発しましたが、その時に自腹でエコノミークラスからビジネスクラスに変更したそうです。

まさか、女子レスリング界のレジェンドがエコノミークラスだった事に少し驚きましたが、個人的にはてっきりファーストクラスかと勝手に思ってましたし(笑)

※オリンピック協会の規定で、選手達は基本エコノミークラス指定のようです。

スポンサーリンク

吉田沙保里の自腹金額と理由

そしてリオオリンピックの真っただ中という事もあり相当な値段では?と思い気になる自腹金額については、一体いくらだったのか?調べてみると

航空会社や経由回数で値段の違いはありますが、

エコノミークラスで、14万円~70万円前後で基本20~で30万前後の値段。

ビジネスクラスでは40万~100万以上まで、基本50~の60万~70万前後の値段。

となっていました。

いくらの便で現地に向かったのかは、わからりませんが、吉田沙保里選手の自腹金額は数十万円!

相当な金額ですね。

そして自腹でビジネスクラスに変更した理由については、

エコノミークラスで、長時間のフライトに耐えられないという事もあるようですが、

7月24日の行われた公開練習後に痛めた股関節や、腰の状態が完治していない事が理由だそうで、体調しっかり整えたい為だそうです。

リオで金メダルを取る為に自腹を切ったという事でしょうね。

協会の理事はビジネスクラスで行くそうですが…吉田沙保里が自腹ってなんか腑に落ちないですね。

取材費のギャラ3万円について

吉田沙保里選手、2015年にアルソックを退社した現在はフリーで活動しています。

そんな吉田沙保里選手ですが、そういえば「個別取材にはギャラ3万円」という要求を始めたと、「週刊新潮」が報じていましたね、

「彼女がマネジメント契約を結んだ会社があるのですが、そこのマネジャーから、“今後は囲み取材は構わないが、個別の取材には3万円を頂戴します”と通告されたのです。

 

因みにマネジメントを結んでいる会社は「株式会社TAGインターナショナル」で専属契約を結んでいて、

この会社は「マネジメント・プロモート業務」「芸能・スポーツに関するイベントの企画・制作・運営」などを専門に行っているようで、フリーで活動するにあたっての、サポートを頼んでいる様ですね。

そして、この「株式会社TAGインターナショナル」が取材費にギャラ3万円を要求している理由は

「過去には曖昧な取材申請による、無報酬の単独インタビューが行われることがありましたので、今後は適切にマネジメントさせていただく所存です」

 

だそうです。

この事で、記者からの不満や今後取材が減るなどと、色々と言われていますが、

個人的には、3万で吉田沙保里の単独インタビューとか美味しと思うのですが!

囲みではなく、単独ですよ、単独!

むしろ今までお金を貰っていなかった事に少しビックリしましたもん。

それに、こういうギャラを自腹でビジネスクラスに変更するために使っているのでしょうし、アリなのでは?

まぁ、この辺の事情は私にはわかりませんけどね。

おわりに

自腹でビジネスクラスに変更して挑むリオ五輪

「わたしのタックルを皆研究し対策してくるので、タックルで倒した」という名言があるように、

吉田沙保里が負ける所が想像できませんし、きっとリオでも金メダルを取ってくれると誰しもが思ってるんじゃないでしょうか。

リオで金メダルを取って4連覇に注目ですね。

※決勝では残念ながら、アメリカのヘレン・マルーリスに1-4で敗れてしまい、4連覇ならず銀メダルという結果に、

ヘレン・マルーリスのプロフィールと画像!吉田沙保里を倒して金メダルの選手が気になる!【リオ五輪】

 

本人はその事について「申し訳ない、取り返しのつかない事をしてしまった」とインタビューで涙ながらに謝罪交じりで語っており、金メダルを取れなかった事の悔しさと責任感の強さが凄く伝わってきました。

それだけの思いがリオ五輪に込められていた事を応援している誰しもがわかっているはずですし、

今は難しいでしょうが、あまり自分を責めないで欲しいと思いました。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ