ホリケン(堀内健)の顔色が悪いのは病気?しゃべりくりにいない理由だと心配の声!

10月3日に放送された「しゃべくり007」2時間SP、番組にレギュラー出演しているホリケン(堀内健)が、番組の途中で途中退席していて、突然いなくなった事が話題になってます。

途中まで出演していたのですが、その時に顔色が悪く青白かったため、ネット上では病気では?と心配されていました。

スポンサーリンク

ホリケンがしゃべりくりの途中でいない

ホリケンがいなくなったのは、窪田正孝さんと唐沢寿明なんがゲストの時

いつも座っている席にいませんでしたが、そのまま番組は進行。

最初はホリケンですから、こういう展開で後で出てくるのかな?とも思ったりしたのですが

結局ホリケンはこの後に出てこず!

しかもこの事について番組では何も触れられず疑問が残る展開で番組終了。

ちなみにオープニングにもホリケンいませんでした。

この事で番組終了後にネット上で「しゃべくり007」の途中でいなくなった理由については、病気では?と話題になっていました。

ホリケン(堀内健)の顔色が悪い!しゃべくりの途中でいない理由は病気?

ホリケンは元々がアトピーで肌の状態が良くない事から顔色が悪く見えがちですが、途中まで出演していた「しゃべくり007」では、アトピーとか皮膚の問題ではなくホント顔色が悪いのがわかる感じでした。

画像を見ると、青白いというか、どす黒い感じがわかると思います。

この事から、病気だったのでは?と、病気が原因で体調が悪かった事がしゃべりくりの途中でいなくなった理由じゃないのか?

と噂されています。

顔色や肌の色が悪くなるというと、真っ先に内臓関係の病気を思い浮かびますが…

仮にもし病気が理由だとしたら、番組の途中でいなくなる程ですし相当悪い状態なのかもしれませんね。

この事については、わかり次第追記したいと思います。

ホリケンの番組途中退席に心配の声

ホリケンがしゃべくりの途中でいなくなった事については、顔色が悪い事から病気だと心配の声が多いですし、理由について早く発表して欲しいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ