平尾誠二の激やせ画像はコレ!癌が死因で原因の病気だった!?

ラグビー元日本代表で代表監督も務めた平尾誠二さんが亡くなったそうです。

平尾誠二さんといえば、ラグビーの人気をこれまで支えた人物として有名な人でしたし、

現在は53歳という若さだった事から、この早すぎる死去に驚きを隠せない人が多い様です。

ラグビー日本代表などで不動の司令塔として活躍し、代表監督も務めた神戸製鋼ラグビー部の平尾誠二ゼネラルマネジャー(GM)が20日午前、死去した。闘病生活をしていた

 

報道によると死因については、闘病生活という事で病気のが原因だった様ですが、

ネットなどでは平尾誠二さんが激やせしていた事が話題になっていた事もあり、死因について癌だったのでは?と噂になってましたのでその事について紹介してたいと思います。

スポンサーリンク

平尾誠二のプロフィール

平尾誠二のプロフィール

生年月日:1963年1月21日
出身地:京都府京都市南区
学歴:同志社大学

京都・伏見工高3年時に全国大会を制し、同志社大では史上初の全国大学選手権3連覇を達成。1986年に神戸製鋼所に入社した。

神戸製鋼では、3年目からチームを日本選手権7連覇に導き、ラグビー人気を支えた。また、日本代表として87、91、95年のワールドカップ(W杯)に3大会連続出場。91年時は主将を務め、日本のW杯初勝利に貢献した。日本代表キャップは35。

現役引退後は、97年から2000年まで日本代表監督を務め、1999年のW杯に出場。神戸製鋼では、総監督やGMとしてチーム強化に力を尽くした。

 

現在は神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーを歴任していた。

死因は癌で原因の病気だった!?

平尾誠二さんの死因については、病気だったとの事ですが、闘病生活としか書かれていないので何の病気だったのかはっきりとしていませんでした。

その事について、ネットでは癌だったのでは?噂になってました。

ネットでは癌が原因で闘病生活をしていたとされ、死因が癌だと噂されています。

胆管癌やすい臓がんなどが言われていますが、死因が癌だとされる1番の理由については、平尾誠二さんの激やせぶり。

この事から少し前から癌の噂があったようです。

※胆管細胞がんが死因の原因だそうで、去年の秋から患っていて、その為に闘病生活をしていたとのこと。

平尾誠二の激やせ画像!

平尾誠二さんの激やせが癌だった言われる理由の激やせ画像

この画像は、今年の4月5日、大阪リーガロイヤルホテルで、行われた講演の時の平尾誠二さんなのですが、

激やせぶりがヤバいですね!

この時に、この激やせ姿が話題になりそれと同時に癌の噂も。

たしかに死因が癌だと言われると納得していまう程です。

激やせの闘病生活を送っていたとの事で、死因についてはまだはっきりとしていませんが、

これらの事を踏まえるとやはり、平尾誠二さんは癌が死因で原因の病気だった可能性が高いと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ