何故お盆を過ぎるとクラゲが増えるのか

 

お盆を過ぎるとクラゲが増えるというのは何故なのか?

 

ERY86_kurageuyouyo20140408-thumb-815xauto-17152

お盆を過ぎるとクラゲが増えるとよく言われたりしますが
お盆を過ぎるとクラゲが増えるから海水浴に行ったらダメ
だとか子供の頃に言われたことありませんか?
何故お盆を過ぎるとクラゲが増えるのか?
クラゲはそもそもお盆を過ぎると増えるわけでわないのです
1年中海に生息してますし

 

スポンサーリンク

では何故お盆を過ぎるとクラゲが増えると言われるかといいますと

 

クラゲはお盆を過ぎた辺りから丁度ポリプ期といわれる
子供の状態から大人の状態になるんです
そしてこのポリプ期という子供の状態の時のクラゲは
イソギンチャクのように固定されて生息しているため
海の中に浮かぶことがない
そしてお盆を過ぎた辺りから大人のクラゲになるため
今まで固定されて生息していた子供のクラゲ達が
一斉に海に浮かび出すことからお盆を過ぎるとクラゲ
が増えると言われるようになるのです
一応気温や天候などで時期も多少変わってきたりしますが
お盆を明けが1番クラゲにとって最適みたいです

なんかこうみるとクラゲとセミって少しだけ似てますね
セミも大人になるまで土の中ですし大人になる時期も似てますし
それとクラゲは10月頃までは活発に生息してますので
海に行かれる方は気をつけてください

もしクラゲに刺された時は

こちらの対処の仕方を

 

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ