マイナンバー制度 悪用も多数!似たシステムが海外では既に導入済み。

何かと話題のマイナンバー制度!

このマイナンバー制度がじつは、海外では似たような物がとっくの昔から、導入されている。

簡単にいうと、マイナンバー制度の先駆けみたいなやつかなと。

海外でこの似たシステムを導入済みの国が4か国

 

スポンサーリンク

4か国とその内容

0I9A858915070158white-thumb-815xauto-19010

1アメリカ

2イギリス

3スウェーデン

4オーストラリア

その内容

1アメリカ 社会保証番号(SSN)

1936年導入

銀行口座やクレジットカードを作るのに必ず必要

医療、介護、年金、銀行、納税と幅広く活用されている

一方で番号が可視化されているので、犯罪に使われることが、最大のデメリット

 

2イギリス 国民保険番号(MINO)

1948年導入

2010年に以降廃止に向けて検討されているため、現在は停止している。

3スウェーデン 個人識別番号(PIN)

1947年導入

共通番号を無制限に一般公開、そのために犯罪が多発。

共通番号をマスターキーに使うと、個人のプロファイルが容易にできる、そのため、国は個人のありとあらゆる生活追及が可能。

 

4オーストラリア 税務番号(TFN)

1989年導入

書類等に記載する、見える番号(税番号)と社会保険番号(SIN)がある。

SINは生年月日を含む番号そのため、医療、税金、教育、保険など、利用範囲が法律で制限されている。

 

こうみると、他の国では、個人情報流出による悪用が目立つ!

Green26_teiden220141123163347_TP_V

やはり、こういった、管理には、悪用がつきものなんでしょうね。

こういう事を踏まえて、ちゃんと対策されたモノが日本のマイナンバー制度だといいのですが!

むしろそじゃないと、困る!

ただでさえ個人情報流出の問題はよくあるので、しっかりとした、マイナンバー制度である事を願うしかない。

現に、他の国のお手本という悪い問題点が、あるのだから。悪用だけはされたくないものだ。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ