マイナンバー便利?危険?通知カードと個人番号カード違いとデメリット

マイナンバー制度では配布されるカード、通知カードと個人番号カードの2種類あるのをご存知だろうか。

そしてこの2種類のカードの違いも!

スポンサーリンク

それぞれの違いと特徴をかいてみると

0I9A858415070153yuka_TP_V

個人番号カード

個人番号カードは身分証になる

この個人番号カードのはICチップがつくため、ネットを利用した色々な公共電子証明として利用できる
このカード
表は
顔写真と名前、住所、生年月日、性別
裏は
個人番号、ICチップ、ORコード、名前
このために身分証にもなる

ネットでの公共電子証明や身分証などといった特典がある。
通知カード
マイナンバー通知のために使われるカード
通知カードは、個人番号、氏名、住所、生年月日。性別が記載
顔写真やICチップはつかないため身分証の代わりにはならないので、注意!

通知カードには、これといった特典はナシ。

そして個人番号カードを作るには?

通知カードと申請書を役所に出すだけ

後日個人番号カードが送られてくる。
ちなみに個人番号カードは任意のため、必要ある人は作ればいいし、必要ない人は作らなくてもいい。
身分証の代わりになるので、身分証が住基カードのみの人とかなら、便利。
特典つきの個人番号カードの方が便利なので是非作るべきと思うかもしれないが!

しかし便利な反面リスクも!その危険性!

PAK25_ipadtatakiwaru_TP_V

個人番号は個人を特定できるため個人情報流出になる。

これは通知カードも同じだが
身分証の代わりにもなる個人番号カードだと、さらにリスクが高まることに!
かってにクレジットカードの契約をされたりする危険もあるため。
他にもどんなことに悪用されれるかわからない。

海外でもマイナンバーに似たシステムが導入されているが、やはり悪用も多数ある!

海外のマイナンバーに似た制度の内容と危険性

そのため個人番号カードを作る人はその危険性をキチンと把握しておくこと!

そして個人番号は厳重に
まず、むやみに人に個人番号は教えない事
できれば無くしたり、落としたり、した時の事も考えて、持ち歩かないほうがいいのだが
身分証の代わりとして、個人番号カードを作った場合そうもいってられないため、キチンと自己管理すること。
便利な反面、リスクも伴う事を頭に入れておいて、しっかり管理できれば個人番号カードは、とても便利と思うが、個人的には、しばらく様子を見ようと思う。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ